お知らせ
男性を癒す医者

普通の人は血液中の糖分、つまり血糖値は一定になるようにインスリンというホルモンで調節されていますが、糖尿病ではインスリンの量が不足したり働きが悪くなってしまい、血糖値が上がってしまいます。
血糖値が高すぎると糖毒性として腎臓や目、神経などに障害が出て合併症を引き起こしてしまうため、血糖値には常に気をつけなければなりません。
グルコバイはこの糖毒性をできるだけ抑えるという糖尿病治療薬です。

糖尿病の食後過血糖の改善や、体が血糖値上昇をコントロールできなくなる耐糖能異常によって2型糖尿病の発症することを抑制するために用いられます。
グルコバイはα-グルコシダーゼ阻害薬とよばれ、α-アミラーゼ、スクラーゼ、マルターゼ、グルコアミラーゼなどの消化酵素の働きを阻害する薬です。
消化酵素の働きを阻害することで糖質の消化・吸収を抑えたり、遅らせたりして急速な血糖値の上昇を抑えることで糖毒性を抑制します。
インスリン分泌の節約にもなるため膵臓にも負担をかけないことが特徴です。
しかし、ダイエット目的で利尿剤を服用している方は注意しなければなりません。
利尿剤の中にはカリウムを低下させるものがあり、それはインスリン分泌の過度な抑制につながってしまうためです。
インスリンの過度な抑制は命に関わってきますので、利尿剤を服用している方は医者に相談してみましょう。
食事の10分以内前(食直前)に服用するという特性のため飲み忘れに注意が必要です。
万一飲み忘れたときは食事中に呑むようにしましょう。
副作用としておなかの張りやオナラが増える、などがあります。

このグルコバイは通販で手軽に購入することができます。
なかなか病院に行く時間が取れない人や、糖尿病ではないが血糖値はやや高めという人などが通販を利用してグルコバイを購入するケースが多いです。
グルコバイはインドやシンガポールで製造されているため、通販での購入は個人輸入代行の形になっています。
グルコバイの通販では診断書や処方箋などは必要がないため、手軽に購入することができるのもよい点です。