• ホーム
  • グルコバイの費用とウナギの効能

グルコバイの費用とウナギの効能

2020年05月21日

グルコバイを処方してもらうときに必要な費用は数百円ですが、受診料や検査費用などを含めると1万円程度になります。
一般的には糖尿病患者に投与される薬ですが、炭水化物や糖分の吸収を遅らせることができるので、ダイエット効果が高いとされていて、世界的には糖尿病よりもダイエットのために服用されることが多いとされています。
グルコバイを医療機関で処方してもらうためには糖尿病予備群である必要があるので、健康診断などを受けてからグルコバイの投与を受けると費用を安くすることができます。
グルコバイのジェネリック医薬品は個人輸入で手に入れることができますが、インド製のジェネリック医薬品に関しては偽物も多いので注意をしなければなりません。

ウナギはアルギニンやビタミンEなどを豊富に含んでいるので、精力増進に役立つ食材ですが、価格が非常に高いために毎日食べることができないので、ウナギだけで健康になるのは難しいとされています。
中国産のウナギは日本のものに比べると肉質が柔らかく脂肪分が多いのが特徴で、食べ過ぎるとカロリーを摂り過ぎてしまうので注意が必要です。
日本ではウナギは四万十川や浜名湖のものが有名なのですが、実際には海外から輸入されたものを日本で飼育したものが出されていることが多いので、肉質が柔らかいものは養殖によって育てられたものですが、価格が安く中国産に比べると臭みが少ないので夏の暑い時期には夏バテ防止のために食されています。
グルコバイは薬価が40円程度なので保険が適用された場合には非常に安く手に入れることができるので血糖値が高い場合には個人輸入よりも医療機関を受診して手に入れたほうが費用が安くなります。